Featured Product

    RiskAuthority

    Register for the Course

    There are no sessions currently scheduled

    RiskAuthorityは、資本および流動性要件の各国の違いを織り込んだ、バーゼルIやバーゼルIIおよびIIIの3つのピラーを管理するためのすべてのソリューションを提供します。RiskAuthorityは、規制目的の信用リスク、市場リスク、オペレーショナル・リスク、集中リスク、流動性リスクを計算、整理統合し、報告します。

    バーゼルIIIのコンプライアンスのための柔軟なソリューション

    • 資産、負債、オフバランスのエクスポージャー、カウンターパーティ、格付、リスク・ドライバー、市場データなど、バーゼルI、バーゼルIIおよび/またはバーゼルIIIが必要とするデータを一つの集中プラットフォームで整理統合し、保管
    • 流動性バッファーの適格ルールやヘアカットを含め、新しい流動性カバレッジ比率(LCR)と安定調達比率(NSFR)のために必要なデータすべてを計算
    • 顧客別、プロダクト別、国別、通貨別に主要エクスポージャー、集中リスク、調達先の集中をモニター
    • 規制資本、集中リスク、流動性に関するピラー1報告を該当国の監督当局の指定する言語およびフォーマットで作成し提出することを合理化、自動化

    自動化、合理化されたバーゼルI、II、III規制のコンプライアンスを提供

    • バーゼルIIIの資本および流動性リスクに関するデータを一つのリスク・プラットフォーム(RiskFoundation)に集約・保存するため、企業のすべてのユーザーがアクセスできます。
    • Moody’s AnalyticsのRegulatory Reporting Tool (RRT)を活用すると、連結報告および複数の国・地域の報告要件を満たすことが可能です。
    • 権威ある賞を獲得した、信頼できるソフトウェアです。

    権威ある賞を獲得したバーゼルI、II、IIIのための包括的なソリューションを採用

    • RiskAuthorityは、規制目的の信用リスク、市場リスク、オペレーショナル・リスク、集中リスク、流動性リスクを計算、整理統合し、報告します。これは、集中的なデータ管理、迅速で正確な資本指標・流動性指標・レバレッジ指標の計算、全体的なストレステストから、統合された規制監督当局向け報告およびマネジメント向け報告に至るまでの、真に統合された包括的ソリューションです。