Featured Product

    気候変動リスクを反映したマクロ経済シナリオ

    Register for the Course

    There are no sessions currently scheduled

    気候変動は、海面上昇などの物理的リスクと、エネルギーコストの高騰やエネルギー消費の変化などの移行リスクによって、経済に影響を与えます。気候変動の脅威が高まるにつれ、企業はこれらの物理的リスクや移行リスクが自社にとってどのような意味を持つのかを定量化することに注力しはじめています。

    ご提案

      Moody’s Analyticsのグローバル・マクロ経済モデルを用いて、NGFSフェーズIIのフレームワークに沿った一連の気候変動リスクシナリオを作成しました。Moody’s Analyticsの気候変動リスクシナリオでは、70カ国以上、18,000以上のマクロ経済変数について、経済に対する物理的リスクと移行リスクを予測する4つの代替経路を提示しています。気候関連の広範なマクロ経済データにより、企業はビジネスへの影響を分析し、気候変動によってもたらされるリスクに対してポートフォリオにストレスをかけることができます。

    主な特徴

    • 70カ国以上に対して利用可能
    • 20カ国以上の気候変動に特化したマクロ経済データを提供
    • 完全に文書化されたモデル・メソドロジー
    • 今後30年を視野に入れた高頻度予測
    • 更新半年毎
    • APIを含む、多様な提供形態
    • Scenario Studioプラットフォームを使用しカスタマイズ可能なシナリオ

    メソドロジー

      Moody’s Analyticsでは、まずNGFSのパラメータを変数の出発点とし、次にグローバル・マクロ経済モデルを用いて追加の変数を外挿することでシナリオを拡張します。従来のマクロ経済変数に気候変動リスクを組み込むためには、炭素価格のパスを考慮することが重要です。炭素価格は、価格経路、インフレ率の上昇、中央銀行の金融政策反応関数を経由してモデルに反映されます。大気中の二酸化炭素の量を制限するために、各国政府が炭素税政策を採用するようになると、一部の産業はより深刻な影響を受けることになります。このような産業移行リスクは、グローバル・マクロ経済モデルの予測に反映されています。

    Product Brochure