General Information & Client Services
  • Americas: +1.212.553.1653
  • Asia: +852.3551.3077
  • China: +86.10.6319.6580
  • EMEA: +44.20.7772.5454
  • Japan: +81.3.5408.4100
Media Relations
  • New York: +1.212.553.0376
  • London: +44.20.7772.5456
  • Hong Kong: +852.3758.1350
  • Tokyo: +813.5408.4110
  • Sydney: +61.2.9270.8141
  • Mexico City: +001.888.779.5833
  • Buenos Aires: +0800.666.3506
  • São Paulo: +0800.891.2518

Register for the Course

There are no sessions currently scheduled

RiskFoundationは、保険会社を念頭においてムーディーズ・アナリティックスが開発した包括的エンタープライズ・リスク・マネジメント(ERM)ソリューションの基礎を成すプラットフォームです。このプラットフォームが提供するのは、ワールドクラスのリスク管理システムを実装し、規制監督当局が求めるガイドラインを順守するにあたり不可欠なインフラストラクチャーです。

リスクと財務データを1つのプラットフォームに集約

  • 貸付勘定やCRMをはじめとする様々なソース・システムからのリスク関連データは、単一の共通記録システムに統合されます。
  • データ管理ツールキットを利用すれば(i)関連子会社のデータの一元管理、(ii)欠けているデータの追加入力、そして(iii)様々なソースシステムから寄せられるデータの整理が可能です。
  • フレキシブルな報告書作成機能およびダッシュボード機能によって、ポートフォリオ全体に亘って高度な分析を行い、組織全体としての、あるいは、個々の取引毎の報告書を短時間で作成することができます。
  • ビジネス・ライン全般にわたり、ローカル・レベル、グループ・レベルまたはこの双方においてリスクを測定したいと望む場合には、そのいずれでも貴社が置かれた環境にとって最も理に適ったオプションを選択することができます。

保険会社全体のリスクを総体的に定量化

  • ワールドクラスのリスク管理システムを実装し、規制監督当局が求めるガイドラインを順守するにあたり不可欠なインフラストラクチャーを提供します。
  • リスク管理のために最適化された共通データマートが装備されており、ビジネス・規制監督上の報告書作成機能を提供します。
  • 管理コンソール、カスタマイズ用ツールキット、グリッド・コンピューティング・システム、シナリオ分析ソフトウェアを提供しています。それらの機能性は、各保険会社が置かれた固有の状況に合うよう、すべて調整が図れるようになっています。
  • 改良されたデータの品質、監査能力そして透明性を確保できます。