RiskIntegrity Proxy Generator

課題:企業全体で一貫性のあるプロキシ関数の生成

ALMシステムはかなりのランタイムを要するため、資産および負債のプロキシ関数が、リスクベース資本などのさまざまなニーズに用いられることがますます増えています。一般的に、プロキシのキャリブレーション・プロセスは個々のデスクトップのモデルリングから発展してきたため、必ずしも拡張性や企業内での一貫性が確保されていません。そのため、特にソルベンシーⅡのような規制要件を遵守するため、本番環境において一貫性のあるプロキシのキャリブレーション・プロセスを実行することは、非常に大きな課題となっています。