RiskOrigins

オリジネーション時点で株主リターンを最大化

所要資本が増加する中で、高い資本収益率を維持することは時として困難です。しかし、直近の四半期収益報告を見ると、企業にとってどの取引がフォーマンスの向上につながるかを識別するのは困難です。金融機関は期待損失、資本コスト、調達コスト、経費配賦、税務面への影響を正確に測定するために多大な投資を行ってきたにも関わらず、まだ、意思決定を改善するために、新規案件のプライシングにこのような指標を十分に組み込むことができていません。