RiskAnalyst

ダイナミックで透明な内部格付システム

現在、銀行の監督当局は、融資審査プロセスを個人の意見に基づいたものから、客観的データのインプットやデフォルトを最も正確に予測できる内部格付モデルに基づいた、システマティックなプロセスへとシフトするよう求めています。より正確でタイムリーなリスク評価に対するニーズの高まりに対応する、このシステマティックなプロセスには、標準化された財務的および非財務的なリスク情報のインプットが不可欠です。同時に、規制当局は銀行に対して内部格付プロセスのインプットとアウトプットを文書化するよう要求しています。しかし、銀行のポートフォリオは非常に多岐にわたり、世界各国で営業展開し、異なる種類のローンが存在しているため、こうしたデータをまとめることは非常に難しい作業です。